「 おしん少女編 」 一覧

読み書きそろばんぐれえは身に着けてねば世の中渡っていかれねえんだ。自分を大事にするんだぞ。

【伝説の朝ドラ「おしん」より心に残ったセリフを紹介します】 第33回放送より ハーモニカの一件以来、お加代様とおしんはすっかり仲良くなりました。 そんな中、お加代様はおしんがなぜ自分と同じように学校に …

銭さえあったらば何でも買えると思ってた。んだども買えないものもあったんだな。

【伝説の朝ドラ「おしん」より心に残ったセリフを紹介します】 第30回放送より お加代さまの本盗難の疑惑をかけられたおしん。またも大奥様の鶴の一声によりピンチを脱します。 しかし、若奥様や旦那様のおしん …

奉公人という者はな、とかく色眼鏡で見られるもんだから人の何倍も気をつけねばわからねえぞ

【4月から再放送の朝ドラ「おしん」より心に残ったセリフを紹介します】 第29回放送より 大奥様の温情により無事加賀屋で奉公できるようになったおしん。 前の奉公先「中川材木店」と比べて、あまりのホワイト …

困ったときは相身互いだ

【伝説の朝ドラ「おしん」より心に残ったセリフを紹介します】 第26回放送より 口利き屋のおりきさんから、酒田の米問屋「加賀屋」で子守りを探しているという求人情報を聞いたおしんは、すぐに酒田へ向かってし …

自分さえよかったらええっていう考えでは世間ば狭く暮さんなんねえんだからな。

【伝説の朝ドラ「おしん」より心に残ったセリフを紹介します】 第25回放送より 初めての奉公を途中で投げ出し、「脱走兵」と一緒にひと冬暮らしていたおしんは、家に帰って村八分状態。 父ちゃんや兄ちゃんから …

人を恨んだり憎んだりすれば結局自分もつらい思いをするだけなんだ。

【伝説の朝ドラ「おしん」より心に残ったセリフを紹介します】 第17回放送より おしんは最初の奉公先のひどい仕打ちに耐えかね、雪の中をあてもなく飛び出して遭難してしまいます。 そこを猟師として山の中に身 …