おしんの名言

僕ね、いつか加賀屋の暖簾を再興してみせるよ。そう決めたんだ。

投稿日:

第290回放送より

長い旅から帰ったおしんと圭。圭は希望と初子に旅の話を語ります。初子が帰り、希望と二人きりになった圭が父に語ったことは…。

父さん、僕ね、いつか加賀屋の暖簾を再興してみせるよ。そう決めたんだ。僕は加賀屋の大奥様やそれにお加代様の事が大好きになっちまった。僕のこの体の中にはその人たちの血が流れてるんだ。凄いじゃないか、父さん。父さんのやれなかった事を俺やってみるよ。やってみせる。できるさ。

感想

この言葉、何だか涙が出ます。単純な嬉し涙とは違う、何だか不思議な感情が湧いてきます。圭がこの言葉を語ってくれたことだけで、おしんの人生は報われたのではないでしょうか。

-おしんの名言
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

オレの目の黒いうちはいつでもお前の力になってやるからな。

【伝説の朝ドラ「おしん」より心に残ったセリフを紹介します】 第44回放送より 16歳になったおしんは酒田の米問屋「加賀屋」で充実した時を過ごしていました。 加賀屋の大奥様はおしんに成金次男坊との縁談を …

雄

母さんのライスカレーが食べたい。

第223回放送より 終戦後、おしんの元に雄の戦友、川村が訪ねてきます。川村が届けたのは雄の遺品である日記…。 「母さん 人間 水さえあったら生きられるって本当ですね。ここのところ 谷川に沿って歩いてい …

おしん(24)

私も思い切ってここを出るわ。ここにいても、何にもならないってことがよく分かったの。

【伝説の朝ドラ「おしん」より心に残ったセリフを紹介します】 第144回放送より 関東大震災後、夫竜三の実家、佐賀の田倉家に身を寄せたおしんは、姑の清から筆舌に尽くしがたい仕打ちを受けます。極めつけは第 …

お加代様

今、おしんとよく遊んだ酒田での幼い時の事を思い出してる。私には一番幸せな時だった。

第188回放送より 加賀屋が倒産し、夜逃げの末、売春窟へ身を落としてしまったお加代様。おしんと再会した翌日に息子、希望を残して急死してしまいました。 お加代様がおしんに遺した手紙です。 おしん 今日は …

健

男ってのはな、本当に惚れた女には指一本触れねえだって、どんなことでもできるもんなんだ!

【伝説の朝ドラ「おしん」より心に残ったセリフを紹介します】 第151回放送より 佐賀の田倉家から脱出したおしん。東京で髪結いのお師匠さんに世話になるつもりでしたが、怪我のため、髪結いができなくなってし …