おしんの名言

母さんのライスカレーが食べたい。

投稿日:

第223回放送より

終戦後、おしんの元に雄の戦友、川村が訪ねてきます。川村が届けたのは雄の遺品である日記…。

「母さん 人間 水さえあったら生きられるって本当ですね。ここのところ 谷川に沿って歩いているので ありがたい事に水には不自由しません。雑草と水だけでもう何日が過ぎたか。これ以上もう痩せる肉も無くなりました。母さんのライスカレーが食べたい。子どもの頃、今夜はカレーだって時はズボンのベルトを緩めて食卓に座りました。あれが本当の幸せってものだったんだと今になって気が付きました。もうあんな時は二度と帰ってはこないのだろうか。その時は何とも思わなかった事がどんなに幸せだったか…。それが分かった時にはもう手の届かない世界になってしまいました。今ならあの1杯のライスカレーのありがたさを心から味わう事ができるのに…。何もかも遅すぎました。」

「母さん。母さんがお釜のご飯のおこげにしょうゆをまぶして握ってくれたおむすびは本当においしかった。お魚やレンコンやゴボウのササガキや枝豆やニンジうに現れるのを待っていたおはぎ。母さんが作ってくれたものはどれもおいしかった。」

「僕はとても女々しい男です。でも時々どうして僕がこんな異国で灼熱に焼かれ飢えに苦しみながら当てもなくさまよい歩かなければならないのか分からなくなります。誰のために… 何のために…。 母さん 教えて下さい。 僕はお国のためよりも、天皇陛下のためよりも母さんのために生きなければならなかったのに…。 母さん… ごめんなさい。」

感想

この回だけは未だに泣かずに見ることができません。もう何十回見たかわからないけど…。

-おしんの名言
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

お加代様

今、おしんとよく遊んだ酒田での幼い時の事を思い出してる。私には一番幸せな時だった。

第188回放送より 加賀屋が倒産し、夜逃げの末、売春窟へ身を落としてしまったお加代様。おしんと再会した翌日に息子、希望を残して急死してしまいました。 お加代様がおしんに遺した手紙です。 おしん 今日は …

おたい

世の中持ちつ持たれつや。それでええのや。

第176回放送より 佐賀→東京→山形→酒田と流浪した末、伊勢にたどり着いたおしん。浜のおかみさん・ひさの庇護のもと始めた魚の行商が軌道に乗る。伊勢が気に入ったおしんはここで一生暮らしたいと言う。そんな …

圭

僕ね、いつか加賀屋の暖簾を再興してみせるよ。そう決めたんだ。

第290回放送より 長い旅から帰ったおしんと圭。圭は希望と初子に旅の話を語ります。初子が帰り、希望と二人きりになった圭が父に語ったことは…。 父さん、僕ね、いつか加賀屋の暖簾を再興してみせるよ。そう決 …

染子

男に甲斐性が無いっていうのはどっちにしても女には地獄なんだよ。

【伝説の朝ドラ「おしん」より心に残ったセリフを紹介します】 第94回放送より おしんとの結婚後、竜三の経営する田倉商会は不景気のあおりを受けて経営危機に陥ってしまいました。おしんが再び髪結いで働いて家 …

おしん(24)

私も思い切ってここを出るわ。ここにいても、何にもならないってことがよく分かったの。

【伝説の朝ドラ「おしん」より心に残ったセリフを紹介します】 第144回放送より 関東大震災後、夫竜三の実家、佐賀の田倉家に身を寄せたおしんは、姑の清から筆舌に尽くしがたい仕打ちを受けます。極めつけは第 …