おしんの名言

世の中持ちつ持たれつや。それでええのや。

投稿日:10月 23, 2019 更新日:

第176回放送より

佐賀→東京→山形→酒田と流浪した末、伊勢にたどり着いたおしん。
浜のおかみさん・ひさの庇護のもと始めた魚の行商が軌道に乗る。
伊勢が気に入ったおしんはここで一生暮らしたいと言う。
そんな折、台風で干拓の仕事を失った竜三と再会。
おしんの働きぶりを見て改心した竜三は、おしんと一緒に魚屋を始めることに…。

魚屋の開店前、いろいろと新生活の世話を焼いてくれるひさ。
恐縮するおしんに対してひさが言った言葉。

おしんちゃん あのな、人間はな 人のやっかいにならないかん時がある。そのかわり あんたやてまた人の面倒 見んならん時も来る!世の中持ちつ持たれつや。それでええのや。なっ。早うあんたも人の面倒見るようにならないかんな!

感想

おしんの登場人物はだいたい皆、人に頼るのが下手。
と言うか、昔の人は現代人みたいに何でも人に頼らなかったのだと思います。
それが良い面もあれば悪い面もありますが、おしんの場合は悪い結果に結びつく傾向がありました。

この言葉は、おしんに結構強い影響を与えたのではないでしょうか。

ひさに言われた通り、後に人の面倒を見るようになり、面倒を見た人がおしんの支えになります。

-おしんの名言
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

圭

僕ね、いつか加賀屋の暖簾を再興してみせるよ。そう決めたんだ。

第290回放送より 長い旅から帰ったおしんと圭。圭は希望と初子に旅の話を語ります。初子が帰り、希望と二人きりになった圭が父に語ったことは…。 父さん、僕ね、いつか加賀屋の暖簾を再興してみせるよ。そう決 …

自分さえよかったらええっていう考えでは世間ば狭く暮さんなんねえんだからな。

【伝説の朝ドラ「おしん」より心に残ったセリフを紹介します】 第25回放送より 初めての奉公を途中で投げ出し、「脱走兵」と一緒にひと冬暮らしていたおしんは、家に帰って村八分状態。 父ちゃんや兄ちゃんから …

お加代様

今、おしんとよく遊んだ酒田での幼い時の事を思い出してる。私には一番幸せな時だった。

第188回放送より 加賀屋が倒産し、夜逃げの末、売春窟へ身を落としてしまったお加代様。おしんと再会した翌日に息子、希望を残して急死してしまいました。 お加代様がおしんに遺した手紙です。 おしん 今日は …

浩太

世の中の人で自分の思いどおりに生きてる人なんかいやしないよ。

【伝説の朝ドラ「おしん」より心に残ったセリフを紹介します】 第169回放送より 佐賀の田倉家を出た後、東京から山形へと流浪したおしん。酒田で加賀屋の援助のもと、飯屋を始めます。飯屋は軌道に乗り、繁盛し …

雄

母さんのライスカレーが食べたい。

第223回放送より 終戦後、おしんの元に雄の戦友、川村が訪ねてきます。川村が届けたのは雄の遺品である日記…。 「母さん 人間 水さえあったら生きられるって本当ですね。ここのところ 谷川に沿って歩いてい …