おしんの名言

私も思い切ってここを出るわ。ここにいても、何にもならないってことがよく分かったの。

投稿日:6月 6, 2019 更新日:

【伝説の朝ドラ「おしん」より心に残ったセリフを紹介します】

第144回放送より

関東大震災後、夫竜三の実家、佐賀の田倉家に身を寄せたおしんは、姑の清から筆舌に尽くしがたい仕打ちを受けます。
極めつけは第2子が死産となってしまったこと…。
佐賀で1年間耐えたおしんが、田倉家を出る決心を竜三に語った言葉。

「私も思い切ってここを出るわ。
ここにいても何にもならないってことがよく分かったの。」

「おしん! 急に何ば言い出すとか! 佐和さんの手紙ば読んだけんていうて、お前までがそがんバカなことば…。」

「佐和さんの手紙で思いついた訳じゃないのよ。
愛が死んだ時からずっと考えてきた事なの…。
愛は生きる力もない体で産まれてきたのよ。
それがどうしてだか、あんたもよく知ってるでしょ? 
毎日毎日、疲れてものも言えなくなるぐらい働いて、お腹に赤ちゃんがいるっていっても「しっかり働かないとお産が重くなる」って言われて休むこともできなかった。
それでも「よその嫁も同じ辛抱してるんだから」って言われたら、ろくに口答えもできないで私も辛抱してきたわ。
つらいことには私慣れてるの。
自分一人が苦労するんだったらどんなことだって我慢する。
ただ… そのためにせっかく産まれてきた子供が産声上げる力もなくて死んだかと思うと…。 
私が悪いのよね…。
どんなつらいことにも黙って辛抱できると思ってた私がいけないんだ。
私が愛を殺したのもおんなじなのよ。
私… あの時からここを出る決心してたの。
ここにいたら、自分がしたいことなんか一生出来やしない。
自分の赤ちゃんでさえ、丈夫に育ててやることさえできなかったんだから。
もっと早く出ていこうと思ってた。
ただ、愛ちゃんにお乳あげれる間はと思って。
死んだ愛の代わりに、愛ちゃんには丈夫に育って欲しいと思ったから。
こっちへ来て、1年… つらかった…。
でもつらかったこと、恨んだり悔やんだりしてないよ。
ただ、私には何にも残るものがなかった。
失うばっかりで。それがたまらないの…。
黙って行かせて下さい。
私ここにいたら駄目になってしまう。
私でなくなってしまう…。」

感想

地獄をくぐり抜け、この言葉を語るおしんは、結婚前のおしんとはまるで別人。

田中裕子さん… 恐ろしいです。

本ページの情報は2019年6月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

おしんの名言一覧

-おしんの名言
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

染子

男に甲斐性が無いっていうのはどっちにしても女には地獄なんだよ。

【伝説の朝ドラ「おしん」より心に残ったセリフを紹介します】 第94回放送より おしんとの結婚後、竜三の経営する田倉商会は不景気のあおりを受けて経営危機に陥ってしまいました。おしんが再び髪結いで働いて家 …

読み書きそろばんぐれえは身に着けてねば世の中渡っていかれねえんだ。自分を大事にするんだぞ。

【伝説の朝ドラ「おしん」より心に残ったセリフを紹介します】 第33回放送より ハーモニカの一件以来、お加代様とおしんはすっかり仲良くなりました。 そんな中、お加代様はおしんがなぜ自分と同じように学校に …

お加代様

銭さえあったらば何でも買えると思ってた。んだども買えないものもあったんだな。

【伝説の朝ドラ「おしん」より心に残ったセリフを紹介します】 第30回放送より お加代さまの本盗難の疑惑をかけられたおしん。またも大奥様の鶴の一声によりピンチを脱します。 しかし、若奥様や旦那様のおしん …

奉公人という者はな、とかく色眼鏡で見られるもんだから人の何倍も気をつけねばわからねえぞ

【4月から再放送の朝ドラ「おしん」より心に残ったセリフを紹介します】 第29回放送より 大奥様の温情により無事加賀屋で奉公できるようになったおしん。 前の奉公先「中川材木店」と比べて、あまりのホワイト …

お加代様

今、おしんとよく遊んだ酒田での幼い時の事を思い出してる。私には一番幸せな時だった。

第188回放送より 加賀屋が倒産し、夜逃げの末、売春窟へ身を落としてしまったお加代様。おしんと再会した翌日に息子、希望を残して急死してしまいました。 お加代様がおしんに遺した手紙です。 おしん 今日は …