Money

【選択型確定拠出年金】のメリットとデメリット

投稿日:2月 21, 2019 更新日:


前に、私が確定拠出年金に合計25ヶ月加入している話を書きました。

もう少し正確に言うと、「個人型確定拠出年金(iDeCo)」に19ヶ月、「企業型確定拠出年金」に6ヶ月加入しています。

今は「企業型確定拠出年金」その中でも「選択型」と言われるものに加入しています。(転職先の会社でこの制度を採用しているためです。)

この「選択型」には独自のメリットとデメリットがあるので、今回はその話を書きたいと思います。

選択型確定拠出年金とは?

「選択型確定拠出年金」は「企業型確定拠出年金」の一種です。

「企業型確定拠出年金」でググると、大抵は「企業が掛け金を拠出する確定拠出年金」といった内容が書かれています。

転職先の会社に「企業型確定拠出年金」があると聞き、私は思わずラッキー!と思いましたが、世の中そう甘くはありませんでした。

「企業型確定拠出年金」の中でも「選択型」は従業員が掛け金を拠出する制度だったのです。

転職前に加入していた「個人型確定拠出年金(iDeCo)」は、自分の指定の銀行口座から毎月決めた額を金融機関に引き落とす、いわば積立投資信託を購入するようなものでした。

これに対して「選択型確定拠出年金」では、拠出額を予め毎月の給与から減額します。

毎月の給与が、「本来もらうべき給与」ー「確定拠出年金の拠出額」となるのです。

選択型確定拠出年金のメリット

毎月の給与が本来もらうべき給与より少なくなるため、支払う社会保険料が少なくなります。

これが「選択型確定拠出年金」のメリットです。

一般に毎月支払う社会保険料は、およそ給与の15%くらいと言われています。

私は毎月¥23,000を拠出することにしました。

¥23,000 × 12ヶ月 × 0.15  = ¥41,400

給与が拠出額の分減ると考えると、社会保険料の支払いが年間およそ¥41,400減ると考えられます。(すごいおおまかな計算ですが・・)

確定初出年金共通のメリットとして所得税・住民税の節税効果があります。

この節税効果に加えて、支払い社会保険料の減額効果が「選択型」独自のメリットとして生じるのです。

選択型確定拠出年金のデメリット

「支払う社会保険料が少なくなる」これは短期的にはメリットになりますが、長期的にはデメリットとなります。

当然ながら、支払う額が少なければもらえる額も少なくなるのです。

某サイトに支払額の減額によって、もらえる老齢厚生年金がどれだけ減るかを計算する式があり、計算してみました。

私の場合おおまかに考えて、65歳から受給開始で85歳まで長生きすると、支払額減額のメリットよりも支給額減額のデメリットのほうが大きくなるようです。

また老齢厚生年金の他にも、健康保険の傷病手当金、出産手当金、雇用保険の基本手当、育児介護休業給付金などを受ける場合も受け取る金額が少なくなります。

特に、先の見えない若いうちから「選択型確定拠出年金」に加入する人は、注意が必要ではないかと思います。

結論

一見お得に見える「選択型確定拠出年金」も、長い目で見ればお得とは言い切れません。

結局のところ、世の中にはフリーランチなど無いということではないでしょうか。

しかし私は確定拠出年金自体、節税効果を考えると十分お得なフリーランチであると思っているので、このまま加入し続けたいと思います。

長生きするとは限りませんし・・



-Money
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【マンション投資体験談】①8年間を振り返る

マンション投資を2010年末から8年少々やっています。東京2部屋、札幌1部屋、計3部屋を地味に運用しています。この8年間の私の投資体験を振り返ってみます。 目次1 私の所有物件と運用実績2 私の投資ス …

【マンション投資体験談】②空室対策

2010年末から8年少々やっているマンション投資の体験談です。東京2部屋、札幌1部屋、計3部屋を地味に運用しています。空室を出さないことを第一に考え、現在、3部屋ともに3年以上連続で実質満室を続けてい …

IDeCoから企業型確定拠出年金への移換【体験談】

私は転職の際、IDeCoから企業型確定拠出年金(選択型)への移換を体験しました。 確定拠出年金を移換する機会というものはそう多くあるものではないと思いますので、私の体験をお話しさせていただきます。 私 …

金地金・現物投資の思い出

2009年から2013年まで、金地金の現物投資を行っていました。その当時の思い出をお話しします。 ・不安の時代の中、金は心の拠り所になってくれた。・儲かったけれど税金がたくさんかかった。 といったお話 …

【マンション投資体験談】⑤所有物件3「札幌・澄川」

2010年末から8年少々やっているマンション投資の体験談です。東京2部屋、札幌1部屋、計3部屋を地味に運用しています。今回は、私が3番目に購入した札幌の物件についてお話します。 目次1 地方物件への投 …