Home

雨漏りで壁の中が大変なことになった話②

投稿日:

自宅の壁の中が大変なことになってしまった話の続きです。

雨漏りで壁の中が大変なことになった話①

2020年10月7日

屋根の調査と処置をしました。

大きなクラックのあった場所の上は、幅の広い金属製の雨樋になっています。

修理前の屋根

ここに穴が開いていました。これが雨漏りの主犯のようです。

修理後の屋根

シーリング材で補修しました。

2020年10月13日

壁を剥がし、断熱材を取り除いた状態です。

壁を開けた状態
腐った梁

異状に気づいた箇所の梁が一番酷い状態でした。

おそらく雨漏りの水がここに溜まっていたのでしょう。

階下の壁を開けた状態

階下にも被害が及んでいます。

更に問題箇所の左側にも雨漏り跡が…

こちらは壁の亀裂からの浸水だと思われます。

通常だとこんなに浸水することは考えられないそうですが、隣家と近接している上、隣家の雨樋がボロボロなので、強い雨が降ると雨水が外壁に直撃し、亀裂から浸水するみたいです。

土台の部分にシロアリが発生しているのではないか?と心配したのですが、幸い被害には至らなかったようです。

外壁の亀裂にもシーリングしてもらいました。

大工さんには狭いスペースで大変な作業をしていただきました。

雨漏りで壁の中が大変なことになった話③ へ続く

-Home
-, ,

執筆者:

関連記事

家

雨漏りで壁の中が大変なことになった話①

自宅の壁の中が雨漏りで大変なことになってしまいました。 異状に気づいてから修理するまでをお話しします。 得られた教訓は ①雨漏りを舐めてはいけない! ②古い家がリフォームで綺麗になっても新築の家とは違 …