Goods

Bluetoothキーボード【Logicool K380】レビュー

投稿日:2月 27, 2019 更新日:

Mac mini 2018と一緒に購入したキーボード Logicool K380をレビューします。

【良いところ】
・安い
・小さい割りに打ちやすい
・iPad・iPhoneのキーボードとして外出先で便利に使える

【悪いところ】
・安っぽい
・小さいから打ちにくい
・iOSで使う場合、一部キーの配置が変わる

安い⇄安っぽい

最初Mac純正のmagickeybord(小)を買おうかと思いましたが、これの3倍以上の値段を考えて躊躇してしまいました・・

使えりゃ充分!と思ってこちらを選びましたが、使ってみると本当に充分でした。

カフェで撮影したiPadとK380の写真

どこかのレビューで「カフェでドヤるにはダサい」とありました。

確かに安っぽいです。

しかしカフェで使っても、愛らしくてなかなか悪くないような気もします。

小さい割に打ちやすい⇄小さいから打ちにくい

フルサイズのキーボードに比べると確かに打ちにくいです。

私は普段家では14インチのノートPCを使っていたので大丈夫だろうと思っていました。
これはほぼ同じサイズです。

K380と14インチノートPC の比較写真

しかしこのキーボードは小さい割になかなか打ちやすいのですよ。

キーの配置がよいのでしょうね。

使う前は不安だった丸いキーも違和感なく、とても自然に感じます。

キーを打つ音もとても静かです。

iPad・iPhoneのキーボードとして外出先で便利に使える

今まで外出先で文章を打つという機会がありませんでした。

しかしブログを始めたからには外で文章を打つ機会も出てくるでしょう。

K380は予めペアリングしておけば、黄色いボタンを押すだけで簡単に切り替えて使えます。

27インチモニターの前で使うと窮屈に感じるものも、9.5インチiPadと一緒に使うと、気のせいか丁度良い大きさに感じます。

ちょっと面倒なのはiOSで使う場合。

iOSの場合は、括弧などはキーの配置が違ってくるようですね。

各キーの右に小さく薄い青で書かれている配置になるようです。

例えば
“( ” はshift+8ではなく、shift+9に
“)” はshift+9ではなく、shift+0に
なります。

K380のキーの拡大写真

老眼の年寄りにとっては慣れるまで大変です…

まとめ

若い頃、ホンダビートという軽のオープンカーに乗っていました。

このLogicool K380を使っているとビートを思い出します。

小さいけれど、軽快で機能的。

安っぽいけれど、愛らしいデザインで魅力的。

欠点となる部分も多いですが、欠点もまた魅力の一部に感じます。

そんな感じでけっこう気に入りました。

-Goods
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

4Kチューナー内蔵テレビ【東芝REGZA 43BM620X】お年寄り目線のテレビ選び

目次1 2008年12月に購入した4Kチューナー内蔵テレビのレビューです2 コスパが良い3 リモコンが良い4 まとめ 2008年12月に購入した4Kチューナー内蔵テレビのレビューです 前のテレビが使用 …

【しんクリーナー購入】アラジンストーブのお片づけ

アラジンストーブを15年ほど愛用しています。毎年12月に出して3月に片付けます。今年もお片づけの季節がやってきました。 かなりズボラなお片づけなので良い子はあまり真似しないほうが良いかもしれません。し …

PCスピーカー【YAMAHA NX-50】レビュー

先週購入したMac mini 2018。 今回はあわせて購入したYAMAHAのスピーカー、NX-50のレビューを書きたいと思います。 実はこのスピーカーを購入するのは2度目です。 2年前まで2年間ほど …

Mac mini 2018

【Mac mini 2018】セットアップは簡単?

Mac miniのセットアップ▶︎Bluetoothキーボードに要注意でした・・ 昨日届いたMac mini 2018  早速開封・接続して、セットアップ開始! マウスは手持ちのUSB無線タイプのもの …

モンベル・トレッキングアンブレラ

登山用折り畳み傘【モンベル・トレッキングアンブレラ】

この夏、9年ぶりに山に登る予定です。まだ梅雨が明けない時期、意外と必要な登山用の折り畳み傘を購入しました。 トレッキングシューズやレインウェアなど、山の道具は普段使いでも凄く便利。買う時に割高だと思っ …